にごり酢おすすめ通販3選!酢酸菌でアレルギー緩和

にごり酢をご存知でしょうか?お酢を作る際、通常のろ過過程で取り除かれてしまう「酢酸菌」。
この「酢酸菌」、実は体に良いといわれるもので、ろ過する前の「酢酸菌」の入ったお酢のことを「にごり酢」といいます。
近年、にごり酢は美肌効果や花粉症などのアレルギー症状を緩和する効果があると話題になっています。
その効果や効能、口コミやおすすめのにごり酢をご紹介したいと思います。

にごり酢とは?

酢酸菌はお酢づくりに欠かせない発酵菌。
しかし、含まれたままだとお酢が濁って見えたり、沈殿してしまうことから熟成後にろ過されています。
そのため、市販されているお酢にはほとんど含まれていません。
でも酢酸菌には健康や美容にとても良いとされる成分で、ろ過される前の酢酸菌が残された状態のお酢が「にごり酢」と呼ばれるものです。

酢酸菌の効能

酢酸菌に含まれる微生物成分LPS。
このLPSは、免疫機能を高める働きがあるとされ、こちらの研究は2011年にノーベル生理学・医学賞を受賞しています。
LPSは自然界にあるもので、野菜や穀物、漢方薬などにも含まれます。
花粉症や便秘、血流の改善にも効果があるとのこと。

LPSには、体の免疫を担っているマクロファージを活性化する働きがあります。マクロファージを活性化することで、細菌やウイルスに感染しにくい体になれるのです。万が一感染した場合でも、免疫力が高まっていれば回復が早まります。

マクロファージは全身の組織や臓器の広範囲に存在し、細菌やウイルスの侵入を見張っている頼もしい存在です。これら異物が体に侵入してきたら攻撃を開始。細菌やウイルスを排除して健康を守ります。

LPSがこのマクロファージを活性化できるのは、マクロファージにLPSと結びつく「TLR4」というレセプター(受容体)があるから。LPSがしっかり結びつくことでマクロファージの核にシグナルが伝わり、活性化していきます。

おすすめの摂り方

おすすめは、腸のゴールデンタイムと言われる夜。
毎日大さじ1杯程度がよいそうです。
酸が強いので空腹時には避けて、そのまま飲むなら食中や食後が良いそうです。
炭酸水とはちみつなどを加えて割るのもおすすめ。

300年受け継がれる伝統製法による「にごり酢」。
庄分酢の蔵に300年生き続ける蔵付酢酸菌の菌体そのものが入っていて、香ばしい独特の風味があるそうです。
創業時のくろ酢を再現した貴重なお酢、ギフト箱入なので大切な人へのギフトにもおすすめです。


 

手軽に取れる酢酸菌サプリメント

酢酸菌酵素は、古くから伝わる「にごり酢」に存在、アルコール脱水素酵素やアルデヒド脱水素酵素が含まれます。
キユーピーグループ独自の醸造技術により、酢酸菌酵素を高濃度に含むにごり酢を世界で初めて大量生産することに成功!
手軽に飲めるので、忙しい方にもおすすめ!

酢酸菌GK-1(G.hansenii GK-1)とGABA配合。
酢酸菌GK-1は、花粉、ホコリ、ハウスダストなどによる鼻の不快感を軽減することが報告されているそう。
GABAは、仕事や勉強による一時的な精神的ストレスや疲労感を軽減する機能があるとされています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA